コンサルティングを行う際にぶつかる壁として、クライアント側の企業との関わり合いの中での距離感を表わす、ボーダーラインの設置などへの迷いなどがあげられます。クライアントからのコンサルティングに関する依頼の中で、コンサルタントとしての契約を交わす事は常日頃行っている事だとは思われますが、当初の話合いの中では、一週間に1回の訪問の中で、業務改善を行っていきたいという、クライアント側の取り決めが、日を追うごとに、一週間に1回であったはずの訪問が、2回、3回と呼び出しが増えはじめ、滞在時間も、2~3時間ほどの時もあれば、システム関連のトラブル発生時には10時間ほど滞在しなくてはならなくなったなど、クライアントからの様々な要望に応えなくてはならくなってしまった時の対応や、スタンスに戸惑ってしまうコンサルタントもいるようです。それとは魔逆に、このような状況に、全く戸惑わないコンサルタントもいるようですが、もし、クライアントとの関係性に疑問が湧いてくるのであれば、きちんとしたボーダーラインを、お互いの関係性の中に提示する事をおススメ致します。コンサルティング業務は、成果を出してこその報酬だと考える人は、クライアントからのニーズにボーダーラインを設けないような人々もいるようですが、実際にそのような曖昧な関係性が、実際にクラインとにとって有効であるのかどうかという、そうでないケースも考えられます。仕事の依頼を多く受ける事は、コンサルタントとして、必要とされている証ではありますが、クライアント側の自立を促す姿勢も、コンサルタントとしては、大切なのではないかと考えています。 WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start writing!Read More →

コンサルティングへのAIの介入は、どのような働きぶりをみせてくれるのでしょうか。コンサルティングを分析力とするならば、AIによる、企業内の問題対策は、様々な角度から的確な解決策をみつける事ができるのではないかと考えています。AIによるビックデータの解析や、パターンの認識力は、人間の速度を遙かに超える速さと正確さで、処理できるのではないかと思われます。そのような能力をもつ人工知能にコンサルタントの業務を任せておけば、企業は、順風満帆であり、トラブル知らずと行きたいところですが、人間の発想力には、AIによる業務のパターン化を分析するような分析力以上に、それらの問題点を改善へと向かわせる創造力というものが、備わっているとも言われています。常識的な考え方やパターン化された考えの中には囚われないような、アイディアが、人々の知恵の中にはあるようです。ですから、コンサルティング業界の中で、勝ち抜いていきたいと考えている人々にとっては、そのような発想力が切り札として残されているのではないかと思います。情報の処理能力やスピードに、どうあがいてもAIに勝つ事はできないはずです。AIの類まれな能力を借りながら、どんな発想を生み出せるのか、そのような対応力が、次世代のコンサルタントに求められているのかもしれません。人工知能は、コンサルタントの敵ではないのだ、そのような考えが、次世代のコンサルタントの在り方を示しているように感じています。Read More →

コンサルタントとしての基礎的な考え方として、クライアント側の状況や、抱えている問題がどれだけ複雑化していても、まずは、シンプルな公式にあてはめてみる、という考え方があります。この法則は、コンサルタントとしてどんな状況におかれても、ベースとして持ち合わせていなくてはならない考え方の1つであります。複雑な物事をシンプル化するという事は、皆さんが関わる全ての物事において言える事でもあって、特に、対人的な人間関係の構築を成す時などに活用すると、よけいなトラップに引っ掛かる事を避けられるような頃柄にも繋がります。コンサルティングにおけるとっかかりとして、まずは問題解決に向かうべく、仮説や分析を行う中で、一度、立ち止まってみると、第一段階で問題点としてクライアントから提示されていた問題が、実は本質的な問題でなかったりする事もあります。クライアントと密接な関わりを持つ中で、問題点ばかりに集中せずに、大きな視野をもって企業内を見渡すような視点をもつ事を心掛けましょう。取り組んでいるプロジェクトやプランが、複雑化してきたり、困難だと感じた時にこそ、大きな視野をもって物事をシンプル化してみて下さい。魔法のように、次の対策方法が浮かんでくる事もあります。このような地道な作業の連続が、コンサルタントの主な業務であると、定義付けてしまえば、どんな壁にぶち当たろうとも、突破口をみつける事ができそうな気分になりませんか?そのような気づきをみつけられる事も、コンサルタントとしての仕事のうちなのです。クライアントに必要な答えは、必ずしも1つとは限りません。そのうちのいずれかが、答えとなる可能性は秘めていますが、○○でなくてはならないというような、プロジェクトの方針は、そのレールを外れてしまったとたんに失敗であるという判断が下されてしまいます。企業の在り方としての答えは、如何様にもありますが、企業全体としては、どのような方向性に進んでみたいのかといった、企業内のアイデンティティの構築をお手伝いするだけでも、組織力のある企業は、勝手に自主的に問題解決を行ってくれることもあります。そのようなケースの場合、コンサルタントの下手な手助けは無用という事になりますが、そのような簡単な導きであっても、クライアントとしては、目からウロコ的に喜んでくれるケースもあるのです。コンサルティングを行う側としても、相手の在り方や価値観を思い込みとして定義付けてしまう事で、答えの在りかを見失っている事もあります。何事にも囚われず、シンプルな価値感で物事と関わる姿勢を保つ事がコンサルタントとして大切な事でもあるのです。Read More →