コンサルタントとしてのスタンス

コンサルティングを行う際にぶつかる壁として、クライアント側の企業との関わり合いの中での距離感を表わす、ボーダーラインの設置などへの迷いなどがあげられます。クライアントからのコンサルティングに関する依頼の中で、コンサルタントとしての契約を交わす事は常日頃行っている事だとは思われますが、当初の話合いの中では、一週間に1回の訪問の中で、業務改善を行っていきたいという、クライアント側の取り決めが、日を追うごとに、一週間に1回であったはずの訪問が、2回、3回と呼び出しが増えはじめ、滞在時間も、2~3時間ほどの時もあれば、システム関連のトラブル発生時には10時間ほど滞在しなくてはならなくなったなど、クライアントからの様々な要望に応えなくてはならくなってしまった時の対応や、スタンスに戸惑ってしまうコンサルタントもいるようです。それとは魔逆に、このような状況に、全く戸惑わないコンサルタントもいるようですが、もし、クライアントとの関係性に疑問が湧いてくるのであれば、きちんとしたボーダーラインを、お互いの関係性の中に提示する事をおススメ致します。コンサルティング業務は、成果を出してこその報酬だと考える人は、クライアントからのニーズにボーダーラインを設けないような人々もいるようですが、実際にそのような曖昧な関係性が、実際にクラインとにとって有効であるのかどうかという、そうでないケースも考えられます。仕事の依頼を多く受ける事は、コンサルタントとして、必要とされている証ではありますが、クライアント側の自立を促す姿勢も、コンサルタントとしては、大切なのではないかと考えています。 WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start writing!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *