次世代のコンサルタント

コンサルティングへのAIの介入は、どのような働きぶりをみせてくれるのでしょうか。コンサルティングを分析力とするならば、AIによる、企業内の問題対策は、様々な角度から的確な解決策をみつける事ができるのではないかと考えています。AIによるビックデータの解析や、パターンの認識力は、人間の速度を遙かに超える速さと正確さで、処理できるのではないかと思われます。そのような能力をもつ人工知能にコンサルタントの業務を任せておけば、企業は、順風満帆であり、トラブル知らずと行きたいところですが、人間の発想力には、AIによる業務のパターン化を分析するような分析力以上に、それらの問題点を改善へと向かわせる創造力というものが、備わっているとも言われています。常識的な考え方やパターン化された考えの中には囚われないような、アイディアが、人々の知恵の中にはあるようです。ですから、コンサルティング業界の中で、勝ち抜いていきたいと考えている人々にとっては、そのような発想力が切り札として残されているのではないかと思います。情報の処理能力やスピードに、どうあがいてもAIに勝つ事はできないはずです。AIの類まれな能力を借りながら、どんな発想を生み出せるのか、そのような対応力が、次世代のコンサルタントに求められているのかもしれません。人工知能は、コンサルタントの敵ではないのだ、そのような考えが、次世代のコンサルタントの在り方を示しているように感じています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *